技術の進歩

女性歯科医師

歯並びが悪いと歯に様々な影響を与えます。例えば、粗食が上手くできないため、食べ物のカスが歯の間などに残りやすく虫歯になる可能性を高めることになります。他にも、歯並びが悪いと顔のバランスが崩れてしまうという欠点もあります。そのため、コンプレックスとして抱える人もいます。コンプレックスを抱えている人は、その部分を人に見せたくないため、人との付き合いに一定の距離を持つようになります。そうなると交流が深い友達を持つことができなくて恋人を作ることも難しくなります。このようなデメリットをなくすためにも、コンプレックスとなる原因は早急に対策をすることが大事です。

コンプレックスとなる可能性が高い歯並びの治療ができるのが矯正歯科です。矯正歯科は賑やかな街である新宿にもたくさん点在しています。また、新宿に点在している矯正歯科の中には有名なところも経営している傾向があるため、大手の矯正歯科に依頼をしたいという人は新宿内で探す方がいいと言えます。また、新宿はたくさんの人が利用するため、アクセス方法も豊富にあります。その新宿でもたくさんある矯正歯科の技術は進歩しており、現在では歯科矯正を行なっているのがあまり目立たない器具も開発されています。その器具のことを「インビザライン」と言います。このインビザラインはマウスピース型の歯科矯正器具であり、半透明と取り外しが自由に行えるという特徴があります。そのため、大人になって歯科矯正を行なうことが恥ずかしいという人が多く利用する傾向にあります。また、インビザラインは多くの人から注目を集めているため、様々な矯正歯科で利用することが可能です。